FC2ブログ

 * Mum's  Diary *

日々の出来事や、16歳のダックスと13歳のチワワとの日常を書きたいと思います♪

最近の様子。

3月初め、前庭疾患で体調を崩したメルちゃん。

その後、今までよりも明らかに足取りはフラフラすることも多く、目が見えてない。

弱ってしまったメルちゃんを見て悲しくて、このままどんどん弱っていくんだろうな・・・なんて思っていたのだけど。。。

200324p1.png


日向ぼっこを楽しみ、お散歩もスリングで行っても歩きたがる。


200324p2.png


最初はよたよた歩くのだけど、芝生では、においを嗅いだり風を感じたり。

帰り道も歩きたい!となり結局最後まで歩く。

ゴールを目指して一心不乱に前をみて・・・という感じでお家まで一生懸命歩く。

きっと、メルちゃんのプライドなんだろうなー。

ちょっと前までは、リードを見せたらてくてくてく・・・と逃げていっていたのに、最近は、リードを用意するとしっぽを振って待ってる感じ。

食欲もすごいし、お家の中でも起きている時間が長くなった。

ただ、壁にぶつかったり、部屋のすみっこで行き止まりになって困っていたり、目は見えてはいないみたい。

お散歩も、ちょっとした段差や草なんかにも注意しないとこけたりするから目は離せない。

それでも元気が良いメルちゃん、すごいです。

200324p6.png


しっかり見えているかのようなお目目なのになー。


200324p7.png


食欲が本当にすごい。

食べてちょっと時間がたったらまたご飯。

調子が良い証拠なのだろうけど。


年はとったけど、弱ってしまったとはまだ言わせない!!という感じのメルちゃんです。


くーちゃんも13才。

寝てる時間が多くなりました。


200324p3.png


200324p4.png



200324p5.png


このまま時間よとまれ!と思う今日この頃。


200324p8.png

こんな時間に、こんな事いうくーちゃんです(笑)

ただいま、夜の10時20分です。


★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★    
 ランキングに参加しています。 
  ポチッとお願いします。
  にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
    にほんブログ村 
 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 
スポンサーサイト



色々あるね。

メルちゃん、前庭疾患の症状はその後出ず。

その時の診察で、心雑音が気になると先生に言われたので、土曜日に病院へ。

200318p2.png

土曜日という事もあり、2時間半待ち。

これだけ待っても、やっぱりこの先生に診てもらいたい。

この日はパパさんも一緒だったので、くーちゃんも付き添い。

200318p1.png


「僧帽弁閉鎖不全症」。

左心房と左心室の間にある弁が弱くなりうまく閉まらず、左心室から大動脈へ血液を送り出すときにに血液が左心房へ逆流してしまう病気です。

医師によっても色々な考え方があるらしいのですが、先生の見解だと、まだお薬は飲ませたくないとのことでした。

その代わり3か月に一度検査をして病状の進行をみていこうということになりました。

心臓のお薬は一度飲むと一生飲ませ続けないといけないらしいので、私としてもなるべく飲ませたくない。

とりあえずは、一安心なのかなという事で帰宅。

高齢になると、色々です。

最近特にメルちゃんは色々。

急に目に見えて弱くなったところもたくさんあって、不安も切なさも日々たくさん感じます。

でも、一生懸命生きてきたのだから仕方がない。

こうやって生きていくんだよと教えられている気もします。

救いなのは、メルちゃん自身が気力があること。

お散歩にも行くし、パパさんのお出迎えもするし、お家の中を探検も少し前よりもよくするようになった。

トイレも夜中は一時間おきに自分でむくっと起きて、夜中は足取りがフラフラで歩けないからトイレに抱っこで連れて行くと自分でちゃんとする。

で、背中をなでるとしっぽをぶんぶん振ってくれる。

色々あるけど、頑張ろうねーということで、病院があまりにも長かったので、みんなで疲れてお昼寝をしました。

メルちゃんは、私にぴたっとくっついて。

で、何がどうなったのか・・・

起きたらこうなっていました・・・。


200318p3.png

片方の目が恐らくまた角膜浮腫で表面が破れたのだと思います・・・。

白目も赤くなっていました。

なんでよ・・・

とりあえず、目薬を1時間おきにして、目をこすらないように抱っこ。

200318p4.png

くーちゃんもお膝の上にきた。

200318p5.png

ため息がでるよねー。本当に。

200318p6.png

叫びたい気持ちわかる(笑)

メルちゃんも痛そうで、痒くてこすろうとする。

だから可哀想だけど、カラー装着。

200318p7.png


いつもお利口さんに目薬するのだけど、今回はすごく嫌がりました。

痛いのかな。

飼い主もメルちゃんもなくなく目薬を頑張りました。

そして、今日。

200318p8.png


いつも思うけど、ワンコの治癒力の高さ、びっくりします。

まだ、白目が充血しているけど、目がぱっちりなってきた。

今日からカラーはずしています。

もう大丈夫かな。

色々重なると、心も体も疲れるねー。

200318p10.png


200318p9.png


くーちゃんは元気でありがたいけど、やきもちなのかマッサージの要求が多めです(笑)



★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★    
 ランキングに参加しています。 
  ポチッとお願いします。
  にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
    にほんブログ村 
 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

かわいいおしり。

昨夜。

まったりテレビを見ていて、ふと横を見ると・・・。

200313p2.png


えーーー!


200313p1.png


なんという可愛さ。

思わず、写真をとりました。

上からもパチリ。


200313p4.png



200313p3.png


2匹並んで、かわいおしりでした。

200313p5.png


そりゃー見るでしょー。


200313p6.png



我が家では、最近、

朝食、お昼ご飯、5時ごろのご飯、夜ご飯、飼い主が食べ終わってお茶碗を洗ったあとのしめの夜食、1日5食。

なぜか、これだけ食べないと終われない2匹です。

でもいいの。

食べたいときはたくさん食べていいの。




お散歩問題。

メルちゃんには無理をさせたくない。

だけど、リードを見せると、最近やる気なのです。

リードを付けられるのをしっぽフリフリでご機嫌で待ってる。

そうなると、連れて行かないわけにはいかない。

基本、スリングにいてれメルちゃんは途中少しだけ歩かせる。

斜めにフラフラになる。これは無理だ・・・と思う日もある。

かと思えば、調子よい日もある。

昨日は、公園の芝生を歩き、帰り道はスリングにいれたのだけど、歩きたい!と出ようとする。

だからおろしたら、頑張って帰り道も元気に歩いてた。

お散歩に行くと、帰ってからも元気になる。

達成感、満足感、自信に満ち溢れたようは表情になる。

やっぱり、人間と一緒でワンコだって、何かできると嬉しいんだと思います。

そういう気持ちも大事にしてあげないといけない。

無理のない程度に。

という事で、メルちゃん、調子が良いです。

寝起きは支えてあげないと横にこけてしまったりするけど、なんだか調子は良さそうです。

200313p8.png


表情も明るい。


200313p7.png




★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★    
 ランキングに参加しています。 
  ポチッとお願いします。
  にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
    にほんブログ村 
 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

表情が戻った。

メルちゃん。

前庭疾患の発作以来、うつろな目つきでぼーーっとしていたのだけど、段々と表情が戻ってきました。

今日でちょうど一週間。

一昨日の夜。

晩御飯にブロッコリーを食べていると。。。


200311p2.png

くーちゃんと一緒に私を監視。

こういういつもの光景が、嬉しかったー。

足取りも少しは良くなっている気がします。

まだ、首の傾きも少しあるし、ふらっとする時もたくさんあるけど、てくてくてくてくお家の中を歩いています。

昨日の朝。

200311p3.png

さらに表情が穏やかになり、目つきもしっかり。

良かった。

200311p4.png


寝て起きればいつものようにご飯を待つ。


200311p6.png



くーちゃんも心なしか、嬉しそう。

「メルちゃん、何してるの?」



200311p5.png


話しかけると、しっぽをたくさん振ってくれて、ご機嫌です。

ご飯を食べたら、また寝ます。

このまま、再発しませんように。



メルちゃんが寝た後、ずーーーっとないてる子が。


200311p7.png


「なーに?」と話しかけると、ぴたっと泣き止む。

そして、じーーっと上を見上げる。

200311p8.png


で、無視するとまた泣き出す。これの繰り返し。

くーちゃんの要望は。。。

まだご飯が食べたいのだそうです。

最近、食べ過ぎじゃない?


200311p1.png


メルちゃんが治って嬉しいのはわかるけど、食べ過ぎはその前からです(笑)




ご心配ありがとうございました。

引き続き、様子見ながら過ごしたいと思います。





★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★    
 ランキングに参加しています。 
  ポチッとお願いします。
  にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
    にほんブログ村 
 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

メルちゃんのその後。

ご心配おかけしました。

メルちゃん、その後、めまいは治まり、食欲もあります。

私がうろうろすると探すようになりました。

私が座るとお膝の上に来ます。

ぴったり度が増した。

200307p1.png

不安なのかな?

日に日に元気にはなっている気がします。

ただ、首が傾き、歩き方がフラフラしてすぐよろけたり、歩くペースもとぼとぼとぼ・・・です。

200307p2.png

で、なぜか途中でとまり、ぼーーーっとしばらく立ちすくんでみたり。

200307p3.png

首はこれ以上、上にあがらないみたい。

首の傾きはこの写真じゃあまりわからないけど、正面からみると少し傾いています。

200307p4.png


そして、うつろな目の時が多い。

お家の中をうろうろすることも多く、壁に向って歩いて行ったりするので、目を離すのが少し不安な感じです。

前庭疾患の発作前と比べると、少し弱ったというか、変わったというか。。。

でも、やる気はあるのです。

例えば、パパさんが帰ってきたら、一生懸命玄関まで行ったり、なでなでするとしっぽを振ってくれたり。

飼い主も落ち着いて色々調べてみたけど、脳梗塞と前庭疾患の違いが分からない。

同じような症状で病院へ行き、脳梗塞と診断されたとネットでたくさん見ました。

少し不安になったので、近々心臓の検査に行くのでその時に聞いてみます。

脳梗塞にしろ、前庭疾患にしろ、再発はあるようで、いつなるか分からないという事なので、お留守番させることがとても不安です。

ふらついてよろけるメルちゃんを見てると、なおさら。

昨日の夜くらいから、少しまた元気になったので、日にち薬なのかな。

でも、脳梗塞とかだったら、脳の中で日に日に何か悪くなってるんじゃないかと不安もいっぱい。

200307p6.png


なんでしょう?くーちゃん。

200307p5.png


そうねー。食欲はあるのでたくさん食べさせて、体力をつけてもらうのもいいかもしれない。

200307p8.png


早く元気になってほしいけど、無理はしないでメルちゃんが穏やかでいられますように。

200307p7.png




★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★    
 ランキングに参加しています。 
  ポチッとお願いします。
  にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
    にほんブログ村 
 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 


急変で病院へ。

前回ブログを書いたあの日。

一昨日のことです。

メルちゃん、先週めまいをおこして倒れ心配していたのだけどその後元気にしている・・・という事でした。

あの日、ブログを書いて、まだ寝ていたメルちゃんが起きるのを待っていました。


200306P1.png


足をべろんちょべろんちょするくーちゃんを注意したら、不敵な笑みをうかべごまかす。

そんなくーちゃんに、「今日はメルちゃんも一緒に公園に行こうかー?」なんて話ながら。


200306P2.png


「公園」という言葉に、お目目がきらきら。

しばらくして、メルちゃんも起きました。

200306P3.png


背中をつんつんしてみる。


200306P4.png


「公園にいきませんか?」


200306P5.png


と、こんな風に元気で穏やかな感じだったのです。

その後、お散歩に行く準備をしたり、途中で母から電話があって話をしていたのだけど、私の足元でふたたび寝ていたメルちゃんが

急にむくっと起きて、ぱたっと倒れました。

慌てて電話を切り、駆け寄ると、歩けない、立てない、でももがくから、何度起き上がらせてもすごい勢いで倒れる。

目を確認すると、左右の眼振がひどい。

まためまいだ!と思い、抱きしめてじっとさせる。

力づくでじっとさせようとするも、20分たっても収まらず。むしろひどくなった。

メルちゃんもパニックで必死に動こうとする。

とにかく、すごい勢いで倒れひっくり返り、痙攣のようになる。

前回初めてなった時はすぐに治ったから、じっとさせてたら治まるかな?と思って耐えていたけど、もう、これはおかしい!と思いすぐに病院へいく準備を。

車がないので、タクシーに電話。手も震え、電話もうまくかけれない。

私もパニックで何をどう準備してよいか分からない。

メルちゃんは、その間10分で3回嘔吐。

もう、首がだらーんとなっていて、眼振は激しく、意識はもうろうで、このまま死んでしまうのではないかと思いました。

ただ事ではない雰囲気に、玄関を出るとき、くーちゃんが狂ったように扉をガリガリしていました。

それも気になったけど、緊急事態。

着の身着のまま、急いで病院へ。

病院についてもまだ眼振はおさまらず、症状が出てから、もう50分も経過していました。

診察結果は、やはり「前庭疾患」。

原因は、外耳炎や、脳梗塞とか、色々あるみたいだけど、メルちゃんは不明です。

耳は大丈夫でした。

年齢的に、何かしら脳に異変が起きているのは確かみたいです。

でも、その辺を詳しく調べるには、全身麻酔をしてMRIをしないといけなかったり、かりにそれをして原因が判明したとしても、手術に耐えられる年齢ではないということです。

老犬には多いみたいです。

私は、完全に取り乱していたけど、先生はいたって冷静でした。

すぐ命にかかわるような病気ではないみたいです。

ただ、激しいめまい、例えば、人間がおでこにバットを付けてぐるぐる回った後に走らさせる、そんな感じがずっと続いている状態みたいで、吐き気がしたり、ご飯が食べれなくなったりして衰弱、脱水、そんな風になるみたいです。

あとは、この病気の原因?の脳梗塞とか、そういったことで命を落とす場合はあると。

私は知識がないから、多少間違ったことを書いているかもだけど、先生の話を聞いてそんな風に理解しました。

治療法としては、吐き気止めの注射。

3,4日、ご飯が食べれなかったり、お水が飲めないことがあるから、点滴。

点滴は、治まるまでしばらく通院してくださいと言われました。

めまいは、自然に治るのをまつしかないんだそうです。

その後、自宅にもどり、3時間くらい寝ていました。

起きたら、眼振は治まっていて、ふらふらだけど自分で歩いていました。

200306P7.png


くーちゃんもビックリしたよね。

もう、本当に怖かった・・・。

落ち着こうと思っても、手は震えるし、声も震えるし、頭はパニックだし、思い出しても手が震える・・・。

今後も、この症状はいつでるか分からないみたいだし、先行き不安です。

当分、目を離せない。

一日経ち、めまいはないみたいでした。

食欲は、さすがメルちゃん、翌日から食べれました。

その後嘔吐もなく。

昨日、再度病院へ行きました。

200306P8.png

ということで、くーちゃんも付き添いで。

ご飯を食べたことを伝えると、回復が早いですね!と先生に言われました。

なので、点滴の通院はしなくてよいと言われました。

一安心だけど・・・。

200306P6.png


なんだか、一段と弱ったきがします。

歩き方も。表情も。

16才と3か月。

体重も、3.1キロになってた。

10歳の時は5.5キロだったのに。

少しづつ覚悟はしないといけないのかな・・・と考えた出来事です。

心雑音が出ていて、ちょっと気になると先生に言われたので、落ち着いたらそれも検査してもらいます。

色々考えて、たくさん泣いた日でした。

だけど、できることは1つ。

メルちゃんとの時間を大切にするだけ。(くーちゃんも。)

200306P9.png


頑張ろうね。メルちゃん。






★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★    
 ランキングに参加しています。 
  ポチッとお願いします。
  にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
    にほんブログ村 
 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

最近の事。

久しぶりの更新。

毎日、コロナの話題でもちきり。

ニュースを見ても気持ちが沈む。

自分にできることをしながら、収束を願うのみ。

200304p1.png


コロナも心配だけど、我が家にはもう一つ心配事が。

目が完全に見えてない?と思う行動がちらほらあるメルちゃん。

かと思えば、大丈夫そうな時があったり。

日によって全然違う。

最近は、メルちゃんがトイレに近いように、そしてベットから落ちないように、みんなでリビングにお布団を引いて寝ています。

先週のある朝お布団で寝ていて、毛布から出ようとしてるのになかなか出られなかったので、毛布をはぐってあげたら、トイレに行こうとして途中でぱたっと倒れた。

で、びっくりして抱き上げたらふらふらしながらトイレにいくも間に合わず。

慌てて抱っこしてひとまず毛布にくるんであげた。

そしたら、じーっとしているんだけど、眼球が左右にずーっとぐりぐり動いてる。

調べてみると、「前庭疾患」という病気の症状。

人間でいうめまいのようなものらしい。

おそらく原因はメルちゃんの場合はやっぱり老齢性によるもの。

その後、しばらく寝ていたら眼振はなくなり、少しふらつくときもあるけど普通に歩いていました。


200304p2.png


くーちゃんも心配なのか、メルちゃんのそばを離れません。


200304p3.png


日向ぼっこする時も寄り添ってた。

200304p4.png

200304p5.png

ちょっと上にのってるけど(笑)

これは、大丈夫なのか・・・とかなり心配した翌日。

パパさんもお休みだったので、無理はさせないようにメルちゃん抱っこでお散歩。。。

と思ったのだけど、歩きたいからおろして!!と暴れる。

で、歩かせると、目も少しは見えてるみたいだし、なんと久々のダッシュをしたり・・・。

お家に帰るとおもちゃで遊んだり。

翌日は、目が見えにくいのか壁に向って歩いたり、足がふらついたり。

とにかく、目の見え方と、歩く事、日によって調子が良いときと悪いときがある。

人間も体調の良い人悪い日があるように、老犬ってそんなものなのかな?

とりあえず、メルちゃんが危なくないように不安にならないように、ちゃんと見てないとな。

200304p7.png

こんな風になると、どうしてもメルちゃんメルちゃんなってしまう事も多いし、飼い主の動揺もくーちゃんに伝わるので、くーちゃんまで不安になる。

なので、くーちゃんのケアも必要。

200304p.png


こんな時くーちゃんは、転がらせて毛布にくるんで、じっくりとマッサージが効果的。

私と一緒でマッサージ大好きっこ。

ただ、やめると小さくなくので結構な時間、尽くさせてもらいます(笑)

しかし、この甘えるときの顔、たまらない^^

メルちゃんは、そんなこんなではあるのだけど、食欲も元気もあります。

200304p6.png

ただ、不自由だろうなーと思います。

頑張ろうね。メルちゃん。




★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★    
 ランキングに参加しています。 
  ポチッとお願いします。
  にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
    にほんブログ村 
 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

 | HOME | 

プロフィール

Mum

Author:Mum

Birthday

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスカウンター