* Mum's  Diary *

日々の出来事や、13歳のダックスと10歳のチワワとの日常を書きたいと思います♪

めるちゃんの悲劇。

メルちゃん。

170629p1.png

そうね。そんな感じ。

170629p2.png

この美人さに、パパさんがひとめぼれして家族になりました。

170629p3.png

先々週、ある日の夜中。
むくっと起き上がって、さささっと走っていったメルちゃん。
トイレか?と後を追ってリビングへ。
なんか、様子が変。
怖いとき、痛いときのメルちゃん。
そわそわして震えて。
そして、しきりに顔を絨毯にこすりつけてる。
電気をつけて、お顔を見ると、口の周りがところどころ赤い。
寝る時までは全然普通だったのだけど。
なに?虫?かぶれ?

あまりにもこすりつけていて、メルちゃんは目が破れて大変になったことがあるから、顔をこすりつけないように抱っこして様子見る。
もう、あっという間、最初に見た赤いただれ?が見る見るうちに腫れて、10分くらいしかたってなかったと思うのだけど。

170629p5.png

お口の周り腫れてるのわかるかな?

これは、お薬を飲ませてちょっと落ち着いた時の写真。
メルちゃん、13歳と7か月。
過去に2回似たようなことがありました。
何かのアレルギー。
その時も何かは分からなかったのだけど・・・。
すごく迷ったのだけど、昔カイカイがひどいときにもらっていたステロイドのお薬、飲ませてみました。
この時夜中の3時半。
病院があくまでは大分時間があったし、狂ったようにこすりつけてみるみる腫れていくメルちゃん可哀想でした。
お薬を飲んで、とにかく掻かないようにカラーつけて、おやつで気を引く。

170629p4.png

関係ないあの子も参加。

もう、怖かったー。
何が何だか分からないし、なんでこうなったのかも分からないし、何よりメルちゃん辛そうだし、落ち着けーと自分に言い聞かせるもずっと手が震えていました(飼い主の・・・)。

ちょっと落ち着いてきたので写真撮る余裕も出てきて、ちゃんと考える。
やっぱり、思い当たることなし。
とりあえず朝を待って病院へ行くしかない。

そんな日に限って、かかりつけの病院は定休日。
そして、車も使えず。
タクシーでメルちゃんと違う病院へ行ってきました。

結果。
やっぱり何かのアレルギーでしょうということです。
結局、夜中飲ませたお薬を一回きりで、腫れはひいて何事もなかったかのよう。
食べたものなのか、触れたものなのか、特定は不可能に近いそうです。
すっきりはしないけど、とりあえず治ったからよかったのかな。

あれから2週間。
なんともなく、元気です。

ああいうとき、本当に焦って不安で動揺する。
どーんと冷静に考えられる人になりたい。

しかし、落ち着いてみると、ちょっとかわいいメルちゃん。

170629p7.png

170629p6.png

ちょっと、ジャムおじさんに似ていませんか?
 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★    
 ランキングに参加しています。 
  ポチッとお願いします。
  にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
    にほんブログ村 
 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

Mum

Author:Mum

Birthday

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスカウンター